金子 渡(群馬県議会議員)|群馬県渋川市

 

ニュース

   
渋川地区広域圏夜間急患診療所の診療時間が短縮になります
新型コロナウイルス感染症の国内における感染拡大に伴い、安定した診療体制を維持するため、令和2年9月23日(水)から当面の間、夜間急患診療所の診療時間が1時間短縮となりますので、ご注意ください。
 
渋川地区広域圏夜間急患診療所
住所:渋川市渋川1760番地1
電話:0279ー23ー8899
 
診療時間:令和2年 9月22日まで 午後7時から午後11時まで
     令和2年 9月23日以降 午後7時から午後10時まで
初期診療:内科、小児科、外科
 
国道17号西バイパス工事に伴う仮設道路が設置されます
現在、国道17号渋川西バイパスと市道「駅前通り線」の交差する箇所で立体化の工事が進められています。
工事を行うにあたり、市道「駅前通り線」の仮設道路を設置することになりました。
 
仮設道路設置期間:2020年9月30日(水) 午前9時から(予定)~2021年11月ごろ
 
工事期間中、仮設道路設置に伴い、歩道の通行規制があります。車道も片側2車線から、片側1車線となります。
現地の誘導・案内板に従って通行をお願いします。
工事終了後、元の状態に戻す予定です。
 
(画像元:渋川市)
 
渋川女子高校の高低差対策工事が進められます
県教育委員会管理課は、渋川女子高校の民有地との境界にある高低差対策に取り組むことを発表しました。
2020年度は、対策方法の検討、設計を作成し工事は2021年度を見込んでいます。
対象か所は、学校南西部で解体工事が進められているプール周辺で、学校敷地が民有地より2mほど低く、現在はブロック塀で対策をしています。
高低差がある部分の補強方法について方策をまとめるための検討をしています。
 
市立小中学校、市役所で網戸設置などが進められます
渋川市は、新型コロナウイルス感染症対策として、換気が求められている中、昆虫などが室内に入らないように小中学校全校の普通教室を対象に、網戸の設置工事を行うと発表しました。
9月議会にあげる一般会計補正予算案に組み込まれ、設置工事の発注は、議決後速やかに行う考えで準備を進めています。
学校ごとに工事の進捗に差が出ないよう、発注を分割して行う方針です。
工事費としては、小中学校で合わせて、2143万7千円を計上し、小野上小学校の校庭を芝生化する、みんなの芝生化整備事業を中止、2875万4千円を減額しました。
 
市役所本庁舎、第2庁舎でも網戸の設置を行う方針です。
この他に、本庁舎出入り口の自動扉の改修工事も計画されています。
新型コロナウイルス対策などの工事費として、庁舎管理事業の工事費として、1402万6千円を計上しました。
 
これらにより、一般会計予算は、7憶5596万3千円が追加されて、総額が459憶9585万4千円となります。
 
地蔵橋など4橋の補修設計が行われます
県渋川土木事務所は、橋長15m未満の地蔵橋など4橋で、補修設計を9月上旬に指名通知を行います。
分割方法は最終調整中です。
工事の発注時期は、現在未定となっています。
 
対象となる橋は、伊香保地内の地蔵橋、明保野地内の美髯(びぜん)橋、明保野地内の明保野橋、榛東村山子田地内の五万騎橋
 
中村緑地公園の進入路拡幅 順調なら2021年度に工事予定です
渋川市市章
渋川市は、中村緑地公園の既存進入路の拡幅に向けて設計委託をしました。
順調に進めば2021年度に工事発注を予定しています。

渋川市は、進入路整備を公園の本格的な利用に向けた"第1歩"と位置づけをしています。
同公園は、16年11月に閉鎖した渋川市民ゴルフ場跡地で、敷地中央部を関越自動車道が横断しています。
 
進入路は、公園利用者の出入り口になっていますが、車両による進入が可能な幅まで広げる計画です。
駐車場は公園管理棟前を使用していますが、新たな駐車場整備もこれから検討されます。
現在は、関越自動車道北側を開放しており、ジョギングなどで利用されています。
こどもから高齢者まであらゆる世代が健康づくりやスポーツに親しめる施設をコンセプトに、今後、北側南側の整備を行っていく予定です。
 
tsulunos PLUS(ツルノス・プラス)が創刊です
ツルノスプラス表紙
群馬の魅力を深掘りし、新たな魅力をお伝えする広報誌「tsulunos PLUS(ツルノス・プラス)」が創刊されます!

 

創刊号は、群馬を代表する温泉地、草津温泉、伊香保温泉の魅力を深掘り。
焼きまんじゅうや、上州牛のリポートなど、知っている様で知らなかった情報が見つかるかも知れません。

 

tsulunos PLUSは紙面だけではなく、紙面では伝えきれない情報を動画・SNSからもお届けします。

創刊号は、9月6日のぐんま広報に折り込まれています。
紙面をご覧になれない方は、電子書籍版がありますので、そちらもご利用ください。

 

電子書籍版については、専用アプリが必要となります。
詳しくは、群馬県HP(外部サイト)をご確認ください。
 

 

(画像元:群馬県)

 
群馬県総合スポーツセンター伊香保リンクがオープン!
伊香保リンク(屋外リンク)
伊香保リンク(屋外リンク)

群馬県総合スポーツセンター伊香保リンクが令和2年9月1日(火)からオープンします。

 

【営業期間・営業時間】
屋内リンク:令和2年9月1日(火)から令和3年3月31日(水)まで
屋外リンク:令和2年9月1日(火)から令和3年3月31日(水)まで

午前9時~午後5時
※午後5時~午後9時までは貸切りのみ営業
※9月中は、午前11時~午後3時まで(その他の時間は貸切りのみ営業)

 

【滑走料】
•一般大人 1,150円
•高校生以下 620円
•未就学児 無料(ただし、貸し靴代はかかります)
•貸し切り料金 別途問い合わせください

 

【貸靴料】
•一律1人 1回 310円

 

【リンク利用時の注意事項】
スケートリンク内では、必ず 【手袋の着用】 が必要ですので、ご用意ください。
※転倒時の危険を避けるため、初心者はリンクに備え付けのヘルメット等も使用してください。

 

今年度は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、利用に一部制限をしています。

詳しくは、伊香保リンクホームページ(外部サイト)をご確認ください。

 

 

(引用・画像元:群馬県)

 

 
赤城山赤城大沼・榛名山榛名湖のワカサギ釣りが解禁されました
赤城大沼
赤城大沼湖畔より
赤城大沼(前橋市富士見町)と榛名湖(高崎市榛名湖町)で、9月1日、ワカサギ釣りが解禁されました。
赤城大沼では11月30日まで、榛名湖では11月29日まで、ボートでのワカサギ釣りが可能です。
 
解禁を前に赤城大沼で8月24日、榛名湖では23日に実施された試し釣りでは、魚体7㎝から14㎝と順調な育成が確認され、釣果も良好だったとのことです。

釣り具一式のレンタルがあるので、道具を持っていなくても楽しめます。
赤城大沼湖畔の店舗では、釣ったワカサギを調理してくれる店舗もあります。
 
遊魚料は、中学生以上 1人 1日700円。
9月の営業は、赤城大沼6時30分~16時、榛名湖6時~16時。
 
渋川地区広域消防署東分署と南分署の建て替えが決まりました
渋川地区広域消防署東分署
渋川地区広域市町村圏振興整備組合は、渋川消防署東分署(渋川市赤城町上三原田468-2)と、南分署(吉岡町上野田1201-3)の建て替え事業を進めることを発表しました。
 
既存の東分署は1975年に建設、老朽化が著しいことから建て替えの方針が決定しました。
2020年度に測量設計委託、基本設計に取り掛かり、2021年度は実施設計に移行、2022年度から2023年度まで工事、2024年度の供用開始を目指しています。
新たな分署は、管轄エリア内のアクセス性を考慮し、既存分署の隣に建設予定で、新分署の建物構造や規模などは、今後の建設業務の中で検討を行います。
また新たに訓練棟なども計画しており、施設配置も設計で詰める方針です。
 
新しく建てられる南分署は、吉岡町や榛東村の人口増加などに対応することから、移転が決定しました。
高崎渋川線バイパス沿いで大藪交差点から北に約300mの位置に計画しています。
管轄エリア各地、幹線道路へのアクセス向上が図れ、吉岡町、榛東村における、消防車両、救急車両の運用効果が向上されることが決め手となり、建設予定地が決定しました。
既存分署は、新分署完成後に解体工事を行う方針で、解体後の土地は土地所有者に返却されます。
施設は2階建てで、女性専用エリアを整備し既存分署の約2倍の延べ床面積になり、この他にホース乾燥塔などを併設した3階建ての訓練棟、駐車場が建設されます。
2021年度までの2か年で建設予算を編成していますが、2022年1月頃の完成を見込んでいます。
 
北分署(渋川市北牧158-1)と西分署(渋川市伊香保町伊香保558-4)も、今後、建て替えも視野に検討を進める方針です。
2分署とも、複数回にわたり改修などを実施しており、施設の老朽化が懸念されています。
 
(画像元:渋川地区広域市町村圏振興整備組合)
 
アレルギー対応学校給食センター東部学校給食共同調理場が完成しました!
渋川市
東部学校給食共同調理場
令和元年に新築工事を開始した、「アレルギー対応学校給食センター東部学校給食共同調理場」が完成しました。
 
令和2年2学期から、赤城地と北橘地区の小中学校に、学校給食の提供を開始します。
この施設は、鉄筋2階建て、約1,500食の調理能力があります。
配送校は、三原田小学校、津久田小学校、赤城南中学校、赤城北中学校、橘小学校、橘北小学校、北橘中学校です。
新たな調理場の稼働に伴い、赤城学校給食共同調理場と北橘地区自校式調理場は廃止となります。
 
厳しい衛生管理基準に適合したオール電化を導入した施設です。
特定原材料7品目を取り除くアレルギー対応給食を共同調理場の中で先行して実施する施設として、
幅広い調理方法に対応ができるように調理器具を配置しています。
会議室と見学通路から調理の様子を見ることができ、児童の学習や研修に活用することができます。
 
※令和2年2学期から、普通給食の提供を開始、アレルギー対応食については、安全面に考慮しながら早期の提供開始ができるよう調整を進めています。
 
(画像元:渋川市)
 
県有施設10か所について、年度内に方針を決定する予定です
群馬県民会館(現:ベイシア文化センター)
群馬県は、県有施設10か所について、外部有識者との協議や現地調査を行い方向性を固め、年度内に今後の方針決定を目指す予定です。
外部有識者は、建築分野や財政分野など専門家を集めて設置されます。
新型コロナウイルス対策のため、一時現地調査を遅らせています。
検討は、県有施設としての維持や廃止、民間活力の活用などゼロベースで行い、利用状況などの財政的な面や改修費用、民間活力を活用できるかなどを基準に判断されます。
 
【対象となる10施設】
群馬県民会館(現:ベイシア文化ホール)(前橋市)
群馬県総合スポーツセンター伊香保リンク(渋川市)
ぐんまフラワーパーク(前橋市)
群馬県立敷島公園(前橋市)
群馬県立図書館(前橋市)
群馬県立妙義青少年自然の家(富岡市)
ぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)(東京都中央区)
群馬県憩の森・森林学習センター(渋川市)
群馬県緑化センター・緑化センター付属見本園(邑楽町)
群馬県ライフル射撃場(榛東村)
 
JR八木原駅駅舎と周辺整備の方針を示しました
毎日新聞より
JR八木原駅
渋川市は、経済建設常任委員会で、JR八木原駅周辺整備に関して駅舎を地上で建て替える方針を示しました。
年度内にはJR東日本側との協定締結を行い、JRが詳細設計教務を委託する流れとなっています。
駅舎の建て替えに向け、線路上に駅舎を作る橋上化の検討も行われていましたが、費用面や工期などを踏まえ、採用はしませんでした。
概算事業費は、橋上化が26億5千万円に対し、地上案は12億円となり、半額以下に圧縮される見込みです。
周辺整備計画は、駅の東西を結ぶ自由通路と東西駅前広場、東側アクセス道路の整備を行い、駅周辺の利便性を高める予定です。
2020年度は、西側駅前広場の用地取得に向けた用地測量、補償費算定などを含む業務委託を実施しています。
その後、東側駅前広場及び東側アクセス道路の用地取得に向けた用地交渉を行う予定です。

(画像元:毎日新聞)
 
綾戸バイパス(渋川市上白井―沼田市岩本町間、延長2.3キロ)が工事中です
国土交通省関東地方整備局より
綾戸バイパス工事計画
綾戸バイパス(渋川市上白井―沼田市岩本町間、延長2.3キロ)
国土交通省高崎河川国道事務所は、渋川市と沼田市を通る国道17号綾戸バイパス整備で、本格的に本体構造物工事に着手します。

国道17号綾戸バイパスは、綾戸地区における利根川沿いの急峻な地形による落石等の防災対策及びカーブが多く見通しが悪いことによる交通事故等の解消を目的としたバイパス工事です。
 
渋川市上白井から沼田市岩本町までの2,300m区間を対象にした事業で、橋梁とトンネルが計画されています。
渋川市側に整備する橋梁は、上白井側からのトンネルを抜けた上白井地内から利根川を渡り左岸の赤城町棚下地内を結びます。
沼田市側に利根川と国道17号とJR上越線を一気に跨ぐ橋梁を設置し、渋川市側、沼田市側双方の橋梁を結ぶ区間にトンネルを設置し、上り線側に歩道が設置される予定です。
調査設計や用地買収を行うほか、渋川市赤城町棚下地区において、利根川に架設する新橋の下部工は2020年度に着手します。
 
(画像元:国土交通省関東地方整備局)
 
古巻公民館の基本設計開始されました 早ければ22年度に着工予定です
渋川市
渋川市は、古巻公民館(八木原678)の建て替えに向け、神山建設(前橋市)に基本設計を委託しました。
年度末までの設計完了を目指しており、順調に進めば2021年度には実施設計に取り掛かる予定です。
工事は22年度以降の予定ですが完成時期は未定となっています。
設置する各部屋の機能や規模は地元住民などから要望を聞いて委員会で決定しますが、これまでの要望ではホールなどを配置し、2,500㎡程度とされています。
しかし、新型コロナウィルスの影響で、委員会開催時期は不透明となっています。
現在の地区住民数に対して部屋数や面積が不足しており、不便な状態になっています。
地元からの要望としては、ホール500席、学習室120席、図書室、視聴覚室、和室、創作室、調理室などが挙がっており、この他に、ユニバーサルデザインの追及や多様なイベントの開催、防災機能や行政サービス機能を持たせるなどといった意見も出ています。
駐車場は、各部屋の規模により決定する予定です。
古巻地区は、人口増加も見込まれる地域でもあり、今後も慎重に検討を行う方針です。
 
(画像元:渋川市)
 
【上信自動車道】箱島-東吾妻間が開通しました!
上信自動車道 金井IC 開通式
上信自動車道 金井IC 開通式
上信自動車道 金井IC(インターチェンジ)~箱島IC間が、2020年6月7日に開通しました。
金井IC側、箱島IC側双方で、開通式を行いました。
関越自動車道(E17)渋川伊香保ICを起点に、国道17号から国道353号、国道145号、国道406号、国道144号をバイパスする長野県の上信越自動車道(E18)へと至る約80kmの路線です。
これまでに、関越道渋川伊香保ICから約3kmの区間、吾妻渓谷、八ッ場ダム、川原湯温泉周辺の約12.5kmが開通しています。
 

─────────────
政務調査事務所
〒377-0007
群馬県渋川市石原144-1
電気センタービル2F(市役所北)
TEL.0279-26-3841
FAX.0279-26-3842
─────────────

後援会事務所
〒377-0007
群馬県渋川市石原1498-26
TEL・FAX.0279-25-3050
─────────────

108221
<<金子 わたる(群馬県議会議員)>> 〒377-0007 群馬県渋川市石原144-1 電気センタービル2F TEL:0279-26-3841 FAX:0279-26-3842