金子 渡(群馬県議会議員)|群馬県渋川市

 

ニュース

 

ニュース

ニュース
 
渋川地区広域消防署 東分署、南分署の建て替えが決まりました
渋川地区広域消防署東分署
渋川地区広域消防署東分署
渋川地区広域消防署東分署

渋川地区広域市町村圏振興整備組合は、渋川消防署東分署(渋川市赤城町上三原田468-2)と、南分署(吉岡町上野田1201-3)の建て替え事業を進めることを発表しました。
 
既存の東分署は1975年に建設、老朽化が著しいことから建て替えの方針が決定しました。
2020年度に測量設計委託、基本設計に取り掛かり、2021年度は実施設計に移行、2022年度から2023年度まで工事、2024年度の供用開始を目指しています。
新たな分署は、管轄エリア内のアクセス性を考慮し、既存分署の隣に建設予定で、新分署の建物構造や規模などは、今後の建設業務の中で検討を行います。
また新たに訓練棟なども計画しており、施設配置も設計で詰める方針です。
 
新しく建てられる南分署は、吉岡町や榛東村の人口増加などに対応することから、移転が決定しました。
高崎渋川線バイパス沿いで大藪交差点から北に約300mの位置に計画しています。
管轄エリア各地、幹線道路へのアクセス向上が図れ、吉岡町、榛東村における、消防車両、救急車両の運用効果が向上されることが決め手となり、建設予定地が決定しました。
既存分署は、新分署完成後に解体工事を行う方針で、解体後の土地は土地所有者に返却されます。
施設は2階建てで、女性専用エリアを整備し既存分署の約2倍の延べ床面積になり、この他にホース乾燥塔などを併設した3階建ての訓練棟、駐車場が建設されます。
2021年度までの2か年で建設予算を編成していますが、2022年1月頃の完成を見込んでいます。
 
北分署(渋川市北牧158-1)と西分署(渋川市伊香保町伊香保558-4)も、今後、建て替えも視野に検討を進める方針です。
2分署とも、複数回にわたり改修などを実施しており、施設の老朽化が懸念されています。
 
(画像元:渋川地区広域市町村圏振興整備組合)

─────────────
政務調査事務所
〒377-0007
群馬県渋川市石原144-1
電気センタービル2F(市役所北)
TEL.0279-26-3841
FAX.0279-26-3842
─────────────

後援会事務所
〒377-0007
群馬県渋川市石原1498-26
TEL・FAX.0279-25-3050
─────────────

112018
<<金子 わたる(群馬県議会議員)>> 〒377-0007 群馬県渋川市石原144-1 電気センタービル2F TEL:0279-26-3841 FAX:0279-26-3842